1 本会について

 本会は昭和56年に旭川市で設立されました。特別活動の研究を通して,その振興と会員相互の連携を図ることを目的としています。

 (1)特別活動の研究,成果の還流及び交流

 (2)機関誌の発行

 (3)その他,本会の目的を達成するために必要な事業の実施

 

  ※平成20年5月31日をもって「旭川市特別活動研究会」から「上川・旭川特別活動研究会」に名称変更しました。

 

 〜教育をめぐる様々な課題をあげられる昨今ですが,夢を持ち,心豊かにたくましく郷土の未来を拓く人材の育成は教育界に課せられた使命であります。昨年度策定されました「北海道教育ビジョン」においても,『自立と共生』が柱となっており,まさに主体性と社会性の育成を目指す特別活動の理念に通じ,特別活動研究に携わる者として意を新たにしているところです。

 本会は,昭和56年に旭川市で発足しました。「望ましい集団活動を通して,為すことによって学ぶ」という特別活動の理念の具現化を目指し,今年に至るまで活動を継続して参りました。この間,3度の全道大会を開催するとともに,毎年,会員による実践発表を行っています。

 この度,さらなる仲間の輪と学級づくりに励む教師のつながりを深めるべく,会の拡大を計画しました。上川管内の教職員の皆様とともに,特別活動の実践研究を通して,「子どもたちに夢と感動を味わわせ,夢を語らせる学校づくり」を語り合い学び合う場にしたいと考え今回のご案内をさせていただきました。〜

                              平成20年3月 組織拡大にともなう会員募集の案内から

 

2 本会の会員について

 本会の会員は,旭川市内及び上川管内の教職員で,本会の趣旨に賛同する個人をもって構成します。

 

戻る